2018年10月アーカイブ

骨になって・・

以前、死刑囚の死刑が執行されると、その人は突然骨となって家族のところに来る、
って何かで読んでいたのでそういうものなのだと思っていました。
でも自分でどうしたいか決められるんですね。

名古屋拘置所(刑務所?)で施工されたオウムの死刑囚はそこで仮想を望んだそうです。
そうなると、「骨になって家族のもとに」は当たってるのですが、
そうじゃない場合は霊きゅう車で希望したところへ届けてくれるらしいですね。

そういうお金とかは支援者というのが出すのでしょうか。

でも松本死刑囚は「4女に」って言い残したとされていて、
そのまま刑務所にあったらしく、火葬されてそのまま、なのか、
遺体のままそのまま、なのか当時は「どっち?」でした。

いずれにしても、こんなふうに自分で選べて、その希望に沿った形で出来るんですねー。

昔は前日に「明日行う」って言われていたんだそうですよ、残酷すぎる。
あまりにも精神状態に異常をきたすので即日になったんだそうです。

なんていうか、世界中から注目を浴びた事件だけど、
、、、これで終わったって言えるのかな、、、とは思いますね。

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。