2020年1月アーカイブ

メーガンさん、大丈夫か?

イギリス王室に嫁いだ、メーガン・マークルさんですが、
公務とはいえ、イギリスの国外に出る事も多くて、
そのうえ、アメリカに長く滞在する、、ってことで、
どうもイギリスの市民権を得られないかも、という噂がありました。

じっさいには、特別処置でなんとでもなるんでしょうけど、でも、普通に考えたら条件を満たしてないので難しい、かも、というのです。
イギリスでは、相手がイギリス人であった場合、3年は一緒に住まないといけない、
または、5年間は結婚生活を続けて、2年半ごとにビザの延長をします。

5年たったら、申請をして、そこで「OK]だと、はれて永住ビザになります。

メーガンさんは英語が出来るのでいいのですが、通常は英語のテストもあります。
加えて、イギリスについてのテストもあり、合格しなくてはいけません。
メーガンさんも受ける、、というのが定説ですが、
私は「特別な処置」として受けないのではないかなって思っています。

どうとでもなるでしょ、そんなの。

でも、イギリス人ではないメーガンさん、せめてそういうところはクリアになって、
イギリスのパスポートも持っていてほしいですね。
どうなるんでしょう。

メーガンさん、大丈夫か??
気になるところです。

このアーカイブについて

このページには、2020年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年12月です。

次のアーカイブは2020年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。