外国で病気になるということ

知り合いが、ガイコクから日本に来て病気になりまして、入院したらしいです。
ことばもわからず、金銭的にも大きくて、なによりもこころが不安だっただろうなーって。
外国でケガや病気になったら誰もが不安でしょ?

お金がすごいかかるのはダントツでアメリカですが、どこであろうと心のケアが大事です。
これが一番。

誰かがいてくれたら心強いのですが、いない場合はもうパニックかも。

ツアーで外国をおとずれていたら添乗員とかが面倒みてはくれますが、
保険に入ってないかぎりはお金はかかります。

さて、もし外国に住んでいたらどうなるのでしょう。
海外にいる、という手続きをすると、今度は逆に日本での保険料がかかりますし、
あんがい高いのですよねーー。

それでも、「親が払ってくれてる」なんて人もいて、羨ましい。
そうじゃない人は、日本の保険を払いながらも海外暮らし、、になるのです。
住む国がどこかにもよりますが、二重に払える余裕のある人はともかく、
ない人は、ひたすら頑張って働いて病気になるか(!)、
保険を払う必要のない国に住むしかないのかも。

どこ?・・・・・イギリスは無料ですよーー。
今は少し払うのかもですが、病気になっても無料でみてくれます。
薬代は自費です。

このブログ記事について

このページは、れいなが2020年2月 1日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メーガンさん、大丈夫か?」です。

次のブログ記事は「セブ島いいかもね!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。