バベル

ブラッド・ピットとケイト・ブランシェッドが出てる映画「バベル」で、
メキシコの国境を渡るシーンが出てきます。

「ほーら、国境は簡単に通れるんだぜい」みたいな感じのセリフもあって、
はじめここを見た時に「ほんとだ、、こんなに簡単なの?」って思ってしまった。

でも帰りには白人の子どもを連れたナニーは疑いをもたれ、
こともあろうに甥っ子(運転手)が逃走をしたので、そこからおかしくなっていく、、
というものでした。
国境・・・やっぱりやばいよね、簡単じゃないよねーー。

逃げなきゃまだよかったし、ナニーは逃げるつもりはなかったのに、運転手が逃げてしまった。
これが警察に通じ、置いてけぼりになったナニーと子供は砂漠で一夜をあかすのだ。
砂漠ってだけでもコワイし、昼間は熱いし、、、そんななか、
やはり国境近くって事で、通るのは警察の車ばかり。

それでもそこに手を挙げて助けを求めたナニー。
偉いぞナニー!とはいえ、国境だし、警察には情報がいってるしで、ナニーはつかまってしまうのだ。
国境ってところは怖いのだ、覚えておいた方がいい。
(なんのこっちゃ)

このブログ記事について

このページは、れいなが2020年6月 1日 19:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一回だけ。」です。

次のブログ記事は「運動不足だー。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。